使用方法
■■ 基本練習
"基礎練習"はオレンジウィップの効果を最大限に発揮するために考案された一連の練習の中心になるものです。ボディ・フィットネスと柔軟性を高めるためには1日2回以上行うことをおすすめします。

腰の回転運動
肩幅に足を開いて、両腕をみぞおちの高さに保ち、両手でオレンジウィップを水平に支えます。 この姿勢を保ちながら前腕を前方に差し出し、写真のように、ゆっくりと滑らかに一定のリズムで左右に何度か回転させます。ウエストのひねりではなく、腰全体から回転させます。バランスを取って姿勢を維持しながら、徐々にテンポ・アップしてください。
◎ 推奨練習時間:1セットにつき10‐12回を1日2‐3セット

両肘の使い方と腕の動きの練習
グリップの先の商品ラベルの上を指で巻き込むように握ってください。オレンジウィップを少し下に傾くようにして、まっすぐ前に腕を突き出します。胴体の回転を始め、胴を後ろに回転させるときは手首を折り、胴を前方向に回転させるときは折り曲げた手首を戻してください。ゴルフスイングのテンポを繰り返し、スピードを徐々に上げていきます。バランスを維持し、スピードをコントロールするためにフットワークをうまく使ってください。
◎ 推奨練習時間:1セットにつき10‐12回を1日2‐3セット

徐々にフルスイングへ
できるだけ飛球線に並行に普段のスタンスで立ってください。
ゆっくりスイングを始め、腕、肩、オレンジウィップを振り子のように動かし、体重移動を自然に行い、スイングの振りを徐々に大きくしていきます。
クォータスイングから始め、ハーフスイングに移り、オレンジウィップの重みを感じながらフルスイングにします。動きの中で良いバランスが維持できるようなペースで続けてください。
◎ 推奨練習時間:1セットにつき10‐12回を1日2‐3セット
◎ バランスの取れた練習をするために、利き腕とは反対の腕でも1セットを行ってください。

■■注意事項
  • 上記の練習以外の方法でこの商品を間違って使用すると怪我のもとになる可能性があります。不適切な使用については当社は責任を負いません。
  • 商品に損傷がないか、また全ての部品が揃っているかを時々調べてください。損傷がある場合はどんな場合でもオレンジウィップを使用しないでください。
  • 使用前に必ず鋼球がゆるんでないかご確認下さい。
  • 周囲に最低3メートル四方のスペースがあり、安全にスイングできる場所を確保してください。屋外の障害物や室内の壁、家具、また人体や動物などに打ち当てるような使用、商品に衝撃を加える使い方をしないでください。
  • 過剰な力でシャフトをねじったり折り曲げたりしないでください。
  • 商品は説明されている練習方法でのみ使用されるように設計されています。商品は初期不良もしくは、通常使用で壊れた場合にのみ交換または返品を受け付けます。
  • 鋼球の塗装が落ちる可能性があります。キャディーバッグに入れてのご使用の際お気をつけ下さい。
■■使用上のアドバイス
  • ゴルフ競技においてバッグにオレンジウィップを入れておいても良いですか

はい。オレンジウィップをバッグに入れておくことは問題ありません。ゴルフクラブとしてカウントされませんし、14本ルールにも違反しません。ただしストレッチのために使用する以外、例えばスイングの練習などにオレンジウィップを競技中に使用することは許されていません。
  • ゴルフボールを実際に打てるオレンジウィップはありますか?

いいえ。オレンジウィップは実際のボールを打つことなしにスイングをマスターするために考案されています。
ゴルフボールを打とうとする気持ちが典型的なプレッシャーを与えます。私の指導経験ではゴルフボールを打ちにいこうとするビギナーはスイングフォームをなかなか完成させることができず、ボールをコントロールできません。オレンジウィップを使用することでリズミカルなスイングができるようにし、それを簡単に打球練習に移せて、正しいフォームを身につけて、コースでも同じようにプレイできるようになります。

■■ プロモーション・ビデオ [日本語]
■■ プロモーション・ビデオ [日本語]
■■ レッスン・ビデオ [ENGLISH]
● TORSO TWIST =トルソ・ツイスト=腰のひねり
● FULL SWING DRILL =フルスイング・ドリル 
● WORKOUT =ワークアウト 
Copywright 2010. Jimmy Hack Golf, LLC. All Rights Reserved.